台湾リピーターは計量型のプリペイドSIMを持とう!

先日、台中アノマリーに行ったタイミングで、私は以下の3つのSIMを調達しました。
「台湾に何度も行くような方は2のSIMも持っていたほうがいいですよ。簡単に買えますよ。」という話です。

  1. 空港で中華電信の5日間使い放題(計日型)のプリペイドSIM
    300元(約1089円)。
    トップアップ(リチャージ)しても最大1か月しか使えないタイプ。
    観光客でも調達可能。というか、だいたいの人はこういう使い捨てタイプで済ませてますよね。
  2. 台中の台湾大哥大の直営店で計量型のプリペイドSIM(4G預付卡300型)
    300元(約1089円)。
    アプリとかWebページからトップアップ(リチャージ)していけば、ずーっと台湾の電話番号が保持できるタイプ。
    観光客でも調達可能。台湾に何度も行くような人(常客証持ちとか)は持っていたほうがお得なSIM。
    申請すれば、この台湾SIMの電話番号のままで、日本でも使えます。
    YouBike(レンタサイクル)とか、台湾のECサイトの通販とか、台湾の各種サービスに登録しようとすると、台湾の携帯電話番号を持っていないとできなかったりしますが、このSIMがあれば日本にいてもSMS認証もできるので登録等が簡単にできるようになります。(空港で調達できるSIMでも短期的にはSMS認証の突破はできますが、長期的には他の人がその電話番号を使うことになってしまい、どことなく犯罪臭がして制限されてしまう可能性がありリスキーですので、こっちのSIMがあったほうが無難かと)
  3. 台中の中華電信の直営店でプリペイドではない一番安いSIM(4G 199型)
    月額199元(約722円/月)で、200MBまでの通信はできるが、音声通話の無料枠とかはまったくないタイプ。
    着信専用電話ですね。今の時代、SkypeとかLINEがあるわけですが、これはこれで役に立ったりします。
    中華民國統一證號と居留証(あるいは台湾に住んでいることの証明書類等)がないと調達は難しいです。

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。

Happy Prepaid と SIM2Fly の比較

世界の渡航に便利なSIMがどこの国で使えてどこの国で使えないのかの比較をしてみました。
2018年10月25日の比較結果ですので、情報鮮度にご注意ください。

SIM名Happy Prepaid SIM2FlySIM2Fly
パッケージ名-Asia & AustraliaGlobal
サービス価格1GB 30Days 11SGD
3GB 30Days 18SGD
5GB 30Days 25SGD
1GB 2Days 119THB
4GB 299THB
1GB 3Days 299THB
4GB 799THB
日本円換算5GB 2030円4GB 1018円4GB 2720円
Argentina
Australia
Austria
Åland Islands
Belgium
Brunei
Bulgaria
Cambodia
Canada
China
Colombia
Croatia
Czech Republic
Denmark
Egypt
England
Estonia
France
Finland
Germany
Greece
Hong Kong
Hungary
Iceland
India
Indonesia
Ireland
Israel
Italy
Japan
Kuwait
Latvia
Laos
Liechtenstein
Lithuania
Macau
Macedonia
Malaysia
Mexico
Myanmar
Nepal
Netherlands
New Zealand
North Ireland
Norway
Oman
Pakistan
Philippines
Poland
Portugal
Puerto Rico
Qatar
Russia
San Marino
Scotland
Serbia
Singapore
Slovenia
South Africa
South Korea
Spain
Sri Lanka
Svalbard and Jan Mayen
Sweden
Switzerland
Taiwan
Turkey
Thailand
United States of America
United States Virgin Islands
Vatican City
Vietnam
Wales

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。

【超便利!】Starhubのhappy Prepaid SIM

2018年4月12日(木)、ミッションデー・ペナンに向かう際、故意にシンガポールを経由しました。
シンガポール経由にした理由は Starhub の happy Prepaid SIM を調達するためでした。

happy Prepaid SIMについてはさまざまな方がブログ記事等を書かれておりますが、特徴を簡潔に説明すると、このSIMが1つあるだけで、たいていの国に渡航する際にいちいちSIMを買わなくて済むし、安いし、日本のクレジットカードを使ってこのSIMの有効期限の延長も可能で日本でも利用可能といった感じです。

日本国内で使うとこんな感じです。

イングレスのエージェント向けの説明をしておきますと、各国のアノマリーで使うには、毎回シンガポールを経由しての通信となってしまうため、向いていません(シンガポールでアノマリーに参加するときには使えるとは思います)。各国のミッションデーに参加したり各国の連作ミッションをクリアすることが目的であればこのSIMがとても重宝します。
私自身、このSIMに出会うまでは、毎回、渡航前にSIMを調達あるいは予約した上で渡航し、SIMの入れ替えが面倒だったり、SIM挿して設定も間違えていないのに、通信ができなくて空港でドキドキしたりしていました。
が、このSIMをゲットしてからは、飛行機が渡航先の空港に到着したらスグに通信ができるようになりました。
タイのsim2flyというSIMも、日本で設定してそのまま海外で使うことも可能ですが、タイの現地で買ったsim2flyでない場合は使い捨てのSIMとなってしまいますけれど、happy Prepaid SIMの場合、日本のクレジットカードを使って、同じ電話番号を維持し続けることができます。つまり、何度も何度もSIMを買うという行為から解放されるのです。

さて、調達の仕方ですが、

  1. 渡航前にこちらから予約しておきます。
    https://topup.starhub.com/preorder/tourist/
  2. シンガポールに到着したら入国する前にUOBという両替のお店に向かい、予約時に届いたメールを印刷しておいて、それを渡すことでSIMを受け取ることができます。

といった感じで簡単です。

注意点としましては、

  • 1人に3枚までしか発行できない
  • 事前予約していない場合、入国しないと買えないこともあるので、事前予約必須

くらいかと。

私自身、日本から日本のクレジットカードを使ってトップアップして、利用期限の延長もちゃんとできています。
海外渡航時、メインのSIMとしてではなく、バックアップ用SIMとして1つ持っておくととても便利ですので、出張や観光、アノマリー等でシンガポールへ行く、あるいは、シンガポール経由でどこかに行かれる方は、このSIMの調達を検討しておくとよろしいかと思います。

 

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。