CMLink日本4GデータSIMカード、第一印象は◎

海外の人(日本から見ると外国人)が日本国内で利用する安いSIMとして、15GB/30日で2000円というCMLinkがあることを知った。
DMMmobileの場合、15GBで3280円なので、それよりも断然安い。
日本のMVNOよりも安いということは、「帯域絞ってるんだろーなー」と思いつつ、実際どんなもんであるのかを知りたいと思い、早速調達し、調べてみました。

CMLinkはSIMを挿してから4Gになるまで30分くらいかかりました。。。
(APN設定が正しく済んでから、4Gを掴むまでの時間です。端末の電源オフ/オン、機内モードのオフ/オンとかで改善するかも??)

 

参考として、他のSIMとの比較をざっくりとしておきます。
いずれも同じ場所(東京都中央区)から文京区のIPAのサーバに対しての測定値です。日本の11時台に測定しました。
まずは、日本でeSIM2Flyを使った場合。

タイを経由するのでこんな感じです。
次に、DMMmobileを使った場合。

日本国内のMVNOとしてはこんな感じですね。
最後に、CMLinkの場合。

となりました。なんか3つの中で一番良い結果!
なんと、DMMmobileよりもCMLinkのほうがよい結果になったということ。

CMLinkは中国系の回線やさんですので、そっち経由で重たくなるのではないかと思っていたのですが、経由しないみたいです。
tracerouteしてみるとこうでした。www.kantei.go.jpへのtracerouteです。

 

というわけで、運用の仕方にもよるとは思いますが、

  • 海外から日本に来る外国人の方
  • 海外から日本に一時帰国されている方

だけでなく、

  • 日本在住でより安くインターネット回線を確保したい人

にも有益だと思いました。

 

もう一度書いておきます。

CMLinkのSIMは、15GB/30日で2000円。
海外ローミングではないみたい。

 

今持っている台湾で使うSIMを整理してみた

私はかなりの頻度で台湾に行きがち(台湾に住んでいるわけではない、いわゆる台湾リピーターです)。都度、空港とかでSIMを買ったりしている時間ももったいないし、台湾の電話番号が毎回変わってしまうと何かと不便になるであろうと感じ、リピーターになる前に早期にSIMはしっかりと準備しました。

ひとえにSIMと言っても用途でいろいろですので、ちょっと整理します。
大きく分けると、以下の2つがあります。

  • 音声SIM
  • データ通信専用SIM

音声SIMは、ずーっと同じ電話番号が使えるやつです。「中国語喋れないから不要」というわけではありません。台湾の通販サイトに登録する際に、本人確認のための認証としてSMSが飛んできたりします。そういうときにも使えます。つまり、逆に言うと、台湾の電話番号を持っていないと、通販サイトに登録できないなんてこともあるわけです。空港で買える観光客用のSIMでも電話番号が付いてくるタイプもありますが、滞在期間限定の電話番号です。それだと、永続的には使えず、後々ややこしいことになりそうなので、ずーつと使える電話番号を持っておくことでいろいろと便利になります。もちろん、電話番号を持ち続けることで、台湾に住んでいるわけでもないのに毎月お金がかかってきてしまうと負担になりますので、月額費用がかからない、プリペイド型の音声SIMを持っておくのがよいと思います。プリペイド型の音声SIMはAmazonとかでは入手はできません。台湾の街中にあるケータイショップで買います。私は台湾大哥大(Taiwan Mobile)の4G 300型を愛用しています。プリペイド型なので月額費用はかかりません。年に数回、日本からクレジットカードでちょこっと入金(チャージ)するだけで、この電話番号を永続的にキープできます。

データ専用SIMは、インターネットの利用に特化したSIMです。Amazonとかでも買えますが、スピードが遅かったり、都心部でしか使えなかったり、なんてこともあります。

 

次に、私が台湾に行くときは、どんなスマホ/タブレットを使っているかを紹介します。基本的に以下の2台を持ち歩いています。

  • OnePlus 6 (Androidスマホ)
  • iPad mini 5 (iOS タブレット)

OnePlus 6は、SIMが2枚入るスマホです。日本にいるときでもこんなSIMを入れて使っています。

これで、日本にいるときも、台湾からのSMSの受信もできます。台湾の通販サイトは、モノをコンビニで受け取ることができます。台湾に行く前に買っておいて、ホテル近くのコンビニで受け取るようにしています。こうすることで台湾滞在時のショッピングの時間を時短させています。「いろいろ探しまくったけど見付けられなかった」ということがなくなりました。

iPad mini 5 は、eSIMが使えるようになったので、こんなSIM構成にしています。

  • 物理SIM: 日本にいるときはdmm mobile、台湾にいるときはVIBO ONE。(1年間ネット使い放題SIM)
  • eSIM: SIM2Fly (とはいえ、台湾では使うことはないと思う)

で、OnePlus 6でインターネットしたい場合は、iPad mini 5 でテザリングしています。
「テザリングではスピードが。。。」というときには、台湾大哥大(Taiwan Mobile)の4G 300型のSIMに計日型/計量型のデータ通信をその場でオプション購入するときもあります。計日型は空港で売っているSIMと同じ値段でどこでも買えますし、計量型は増量キャンペーンを頻繁にやっていてお得だったりします。

 

というわけで、渡航頻度はどうあれ、台湾リピーターは不変の電話番号を持っていたほうがよいのは確実と思います。

eSIM2FlyをiPad mini用に調達して大失敗からの逆転!!


頻繁にいろんなところに海外渡航する人にとっては有名かつ有用なSIMとして、タイのAISという会社の SIM2Fly(しむつーふらい) はとても有名ですね。
Amazonとかで調達して、LINE経由でトップアップ(チャージ)してずーっと使い続けけている人も結構いると思います。
そして、このSIM2Fly、タイに行けばeSIM化できるとのことで(なんか、アンドロメダに行けば機械の体になれる、みたいな。。。)、それを目的にLCCでタイに行くような人もいたかと思います。

しかし、タイに行かなくてもSIM2FlyのeSIMを手に入れることができるとの情報を得、私はeSIMに対応している iPad mini を持っているので、ここぞどばかりにサクッと調達して使い始めてみました。

使い始めてみたのですが、なんか、困った事態に。。。

 

私はこれまで、eSIMではないモノとして存在するSIM2Fly(これ以降「物理版SIM2Fly」と書きます)を使ってきました。
iPadはSMSのやりとりができません。SIM2Flyはトップアップするときには、myAISというアプリを使い、認証のために、SMSでOTP(ワンタイムパスワード)が飛んできて、それを入力することで、myAISが利用できるという仕掛けになっています。
ですので、トップアップするときにはiPadからSIMを抜いて、スマホに差し替えて、SMSが受信できるようにしていました。

が、iPadで eSIM として SIM2Fly を使い始めたところ、

  • iPad では SMS は受信できない
  • eSIM は別のスマホに差し替えできない

という事態に陥ってしまい詰みました。。。

 

さらに、iPad mini の eSIM の仕様は、iPhone のそれとは大きく異なることもよくわかりました。

普段の私はiPad mini に dmmモバイルのSIMを入れて使っています。
そして今回、eSIM に SIM2Fly を入れました。
最初、全く使えませんでした。

「eSIM を使うときは、いちいち、物理SIMのプロファイルを削除しないと使えない」という仕様だったようです。。。
SIMの優先度とかが[設定]あたりでできるだろうと思っていたのですが、そんな設定は iPad ではできませんでした。。。

今年の春、「今度のiPad miniは、eSIM対応だから、海外行くときとかとても便利!」といった記事とか宣伝とかを目にしていましたが、実際にやろうとすると、使いにくいったらありゃしない。。。

というわけで、
iPhoneであればeSIMは使いやすくなってきているかも知れないけれど、
iPadのeSIMはまだ途上段階で使いにくい
ということを皆さんも知っておいていただければと思いました。
「同じiOSなんだから、iPadでもiPhoneと同じように使えるだろう。。。」と楽観視していた私は今、途方に暮れています。。。

 

というのが、2019/06/24の私でした。

 

2019/06/25の私は違います。ほぼ問題が解決しました。

現時点ではiPad mini上の myAIS でログインして状態確認等もできています。
私の場合はもともと物理版SIM2Flyも使ってきており、LINE経由でのトップアップの経験などもあった上で、AISのコールセンターにメールや電話で状況を伝え、何とかなったという展開です。

私の今後の運用方法はこうなります。

  1. 物理版SIM2Flyが使える状態にし、myAISにログインする(アプリでもWebでも可)
  2. eSIM2Flyに対してトップアップする(LINE経由)
  3. iPad miniでテザリングをオンにした上で、myAISを起動
    (すると、SMS/OTP認証なしにログインできる!)
  4. 事前に(2で)トップアップしておいたお金を使って、パッケージを購入

つまり、いきなり、iPadユーザがeSIM2Flyを買ってしまうと詰みます。
iPad版LINEには決済機能はありませんから。。。

iPhoneであればここまでややこしいことにはならないのだとは思います。
iPadOSではこういった問題も解決しているとよいのですが、iPadはもともとSMSはできない仕様ですよね。。。
Apple社としてはeSIMの運用はキャリア側に任せてしまっているのかも知れませんが、このあたり、ユーザに負担がかからないようにキレイに解決してからリリースして欲しかったですねぇ。。。