マカオ渡航時に使ったSIMと感想

今年に入ってマカオに行ってきました。香港エクスプレスに乗って香港へ行きマカオではパンダをみてきたこととかは既に書いていましたね。
はじめてのマカオだったので、日本で事前にSIMを2つ買っておき、マカオに着いたらフェリーターミナルにSIMの自販機がありそれも買いました。
結局、3枚のSIMを買って使いましたのでそれぞれについての感想等とか、次回マカオに行くときの方針を書いておきたいと思います。



このSIMは海外渡航する人にとっては定番中の定番なので、いつも非常用として持っています。
上記の中国聯通香港のSIMが1GB分しかマトモに動作しないようなので、このSIM2Flyをメインに使おうかと思い、日本にいるうちにSIMを挿しておき、香港に着いたらスグに使えるようにしておきました。SIM2Flyであれば3GBまで速度低下なく使えますからね。
しかし、香港空港からA11バスに乗って上環フェリーターミナルへと向かったのですが、途中で通信が切れる切れる。
最初は「バスが電波が弱い場所を走っているのかも知れない」と思っていましたが、我慢できず、バスの中で別端末に中国聯通香港のSIMのセットアップをしたところ、切れずに通信ができました。
マカオに到着してからもSIM2Flyが入った端末を使ってみましたが、どうも不安定でした。
細かい事象の切り分けはできていないのですが、SIM2Flyは香港・マカオで使用するのは実用的ではないのかも知れません。


 

 

 

 

 

このSIMはマカオフェリーターミナルの自販機で買いました。買おうとしていたらこのSIM担当の女性が近寄ってきて簡単な説明をしてくれて、SIMのセットアップから動作確認までしてくれました。
結果的にこのSIMをマカオではメインとして使いました。
「3日間無制限」のはずですが、買った後に熟読してみると、「3日で2GB。それを越えると256kbpsに速度低下するが使える」というシロモノでした。
また、マカオ内で不安定になることはまったくありませんでした。


というわけで、もし今後、香港経由でマカオに行くことがあるのならば、次のようにSIMの調達・運用をしようかと思います。

  • 香港→マカオ
    中国聯通香港のSIMを事前にAmazonで調達し、香港に到着したらセットする
  • マカオ
    マカオフェリーターミナルに到着したら自販機で買う

なお、マカオではカジノとかにもSIM自販機はありました。

また、香港・マカオでは調子の悪かったSIM2Flyは日本に帰国後に一気に使い切ることができ、無駄になることはありませんでした。

 

中国でのスマホ利用時+αの注意点と回避策など

(この記事は2017年に何度か中国に渡航したときの経験で書いています。情報が古くなっているかも知れませんので、どうにか最新情報を入手してくださいね。)

中国では日本からSIMフリーのスマホを持ち込んだとしても、以下の注意点があります。

  1. グレートファイアーウォールによって、Googleとかとの通信が制限されている
  2. 地図アプリを使おうとすると、位置がズレて表示される
  3. モバイルバッテリーを空港で没収されるリスク
  4. 交通系ICカードは地域毎に存在し、相互乗り入れができていない

 

1.グレートファイアーウォールによって、Googleとかとの通信が制限されている

日本にいるときに事前にグレートファイアーウォールの影響を受けない(ローミング)SIMを調達しておけば解決できます。中国にいてもGoogle検索やgmailが使えるようになります。
オススメのSIMは、たとえば、これとかです。

2.地図アプリを使おうとすると、位置がズレて表示される

中国ならではの地図アプリを使う必要があります。

  • 百度地图

iOS版

Android版

百度地图
百度地图
Developer: Baidu Map
Price: Free

※地域によってはGoogleマップで位置ズレが発生しませんでした。が、1のSIMがないとGoogleマップにも接続できませんのでご注意ください。

 

3.モバイルバッテリーを空港で没収されるリスク

大容量のモバイルバッテリーを中国に持ち込んだりしないことです。容量の小さいバッテリーを複数持ち込んでも没収されることもあるようです。
北京とか大連の空港が厳しいようで、トランジットのときも対象で、没収される場所は保安検査場です。

 

4.交通系ICカードは地域毎に存在し、相互乗り入れができていない

日本でのSuicaとかICOCAに相当する交通系ICカードは中国各地でも展開されているのですが、相互乗り入れができておらず、その土地その土地で調達する必要があります。単なる決済であれば、現地の人たちは、スマホを使ったQRコードで決済するAlipayがかなり広まっていますが、日本人がAlipayのアカウントを作るにはかなり敷居が高いので、知り合いの中国の人に立て替えてもらうのがよさそう。
ちなみに、中国の地下鉄は、改札に入る前に空港のような保安検査があります。ここではモバイルバッテリーの没収はありませんが、水分を持っている場合はその場で口に含めるように指示されることもあるようでした。
なお、交通系ICカードの調達方法については別ページにまとめました。