Essential Phone PH-1の修理・交換対応

7/17にAmazon.comで$291.61で買って7/20に手元に届いたばかりのEssential Phone。8/13に落としてフロントパネルが壊れてしまいましたが、たった数日で新品との交換ができました。
本件のQCD(Quality, Cost, Delivery)等について書いてみたいと思います。

Q: スピーディーですごくすばらしい。意地悪な質問とか解釈が難しい英語の言い回しとか一切なし。保守を締結していないのに先出しセンドバック方式
C: $234.03。日本円だと26000円くらい。
D: 交換品は2日で届きました。

Essential Phoneは修理ではなく交換対応となります。
新品を購入する手続きをして手元に届いたら、壊れた機器を返送すると返金される流れとなります。
交換費用が$199。
返送すると返金されるのは$300。
送料は以下の2つから選択します。

  • FedEx International Economy(4営業日で届く)  $32.11
  • FedEx International Priority(2営業日で届く)   $35.03

私の場合は後者を選択しまして、一旦の出費は$534.03となりました。
つまり、$234.03が交換の費用ということになります。
東京の都心に住んでいると、申し込み手続きからまる2日程度でカリフォルニアから代替品が手元に届くようです。
まだ、壊れた機器の返送まではしていないのですが、これまでの経過を以下に記します。
(アクションがあったら都度追記していきます)

8/13(月) 18:00頃
Essential Phoneを落としてフロントパネルが壊れた。
グリフハックしようとすると、指に割れたガラスが刺さるレベル。
これでは仁川でのアノマリーで使うのは無理。

8/13(月) 23:00頃
帰宅後ちょっと検索して、ここに修理を頼もうかと思った。
https://moumantai.biz/?pid=129811273

8/14(火) 13:00頃
改めて修理について検索。このページを見付けた。
「あれっ、知ってる人じゃん! 金かかり過ぎて、こりゃダメだな」と思った。
http://www.us-buyer.com/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%A7%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%90%86

8/14(火) 13:30頃
Google+内で検索してこの投稿に遭遇。
https://plus.google.com/u/0/111529427914346827548/posts/UWtGseaii8p
「おお、敷居が下がってるんだ! じゃあ、日本の修理業者に頼むよりも公式のサポートで新品と交換したほうがいいな」と判断。
(この時点で、「なんだよ、イングレスの同じ陣営の日本人はみんな落として交換してんのかよ!」とも思った)

8/14(火) 14:09
Essential社のサポート経由で交換を打診した。
https://support.essential.com/hc/en-us/articles/360001486107-Damaged-Device-Replacement-PH-1-

8/14(火) 14:15
Essential社から自動応答のメールが届いたので、サッサとそれに回答した。

8/14(火) 15:07
同じ過ちを繰り返さないように、Amazon.co.jpでケースを注文した。明日(8/15)には届く模様。

8/14(火) 23:39
Essential社から受け付けました的なメールが届き、交換手配の決済のためのメールが届いたのでスグに手続きをした。

8/15(水) 00:16
Essential社から壊れた機器の返送用インボイス等のPDFファイルが届いた。
FedExの営業所への持ち込みをイメージする。会社にFedExの集荷を呼ぶと面倒なことになるかも知れないので。

8/15(水) 04:16
Essential社から「発送したよ!」的メールが届いた。トラッキングナンバー付き。
8/16の18時には到着見込みとのこと。

8/15(水) 23:00頃
帰宅したら(当然ながら)Amazon.co.jpからケースが届いていた。開封はせず。

8/16(木) 09:00頃
成田に到着しているようなのでFedExに電話。「不在時は宅配ボックスへ」と伝える。

8/16(木) 12:00頃
FedEx Trackingに「推奨される操作: コマーシャルインボイスが必要です。」の表示。FedExに問い合わせてみると「既に税関は通っているので本日、不在時は宅配ボックスへお届けします」、そして、「Web更新は実際より遅い」とのことでした。

8/16(木) 14:46
(宅配ボックスへの)配達完了。

8/16(木) 20:00頃
帰宅し、届いた機器のセットアップに着手。

 

TOKYOアニメツーリズム デジタルスタンプラリーをやってみた。

本日、リリース初日でしたが、とりあえず、やって、全賞品(3種類)をいただいてきました。
イングレスでミッションとかを経験している人であれば楽勝と思います。

「ソードアート・オンライン 劇場版」の舞台となった場所などが東京都内に12スポット登録されていて、全部のスポットをめぐる必要もなく、めぐる順番も自由で、欲しい賞品に応じて、スポットに定義されたポイント(点数)を集めて達成できたらグッズ受取場所に行って受け取ってくるというスタイルでした。
今日の私は900円の都営地下鉄・東京メトロ一日乗車券を使って、8スポットをめぐって22ポイントを獲得し、全賞品をいただくことができました。(20ポイントあれば全商品がゲットできます)

残念ながら私はAR機能対応機器を持っていないため、このデジタルスタンプラリーのウリであろう総勢12種のキャラクター達が各スポットであなたを待っているが体験できず、ただスタンプを集めるだけでした。
 

まあ、イングレス的には行ったことない場所に行くことができ、UPCを稼げたので悪くはないんですけれど、イングレスとかやっていない古いスマホしか持っていない人がこのデジタルスタンプラリーをやろうとすると、モチベーションの維持が難しいのではないかと思いました。

ちなみに私が行ったスポットは以下の8スポットです。

  • 六本木ヒルズ
  • 明治神宮外苑
  • 東京都庁
  • シネマサンシャイン池袋
  • 東京ドームシティ
  • 秋葉原UDX
  • 杉並アニメーションミュージアム
  • 東京アニメセンター in DNPプラザ

杉並アニメーションミュージアムは、荻窪まで丸ノ内線で行けば徒歩で向かえる場所なので、都営地下鉄・東京メトロ一日乗車券だけで上記8スポットをめぐることができました。
乗車ルートとかも載せたいと思いましたが、初日からそういうのを載せてしまうと、チャレンジしようと思っている方の楽しみを奪ってしまうかも知れないので、今回は載せないでおきます。

 

改めて、WordPress

Google Cloud Platformの無料枠上にHTTPS対応のWordPressを立ち上げることができたので、いつまで続くかわからないけれど、久しぶりに記事を書いていこうかと思います。

過去に書いてきたコンテンツもここに再集約したり、いろいろと試してみたいと思います。