【復習】台湾での献血

先日、台湾の高雄で献血してきたので、そのメモです。
「事前準備をしっかりやっていけば、台湾での献血もなんとかなった」という話です。


もともとものきっかけはこれです。


もちろん、Twitterで公式回答してもらおうという意図ではなく、「日本からも行くよ!」という意思表示と、「いいね」の数により行くつもりのある日本人の数をざっくり把握したいと思ったから。そして、「書いておけば、もしかしたら日本語できるスタッフを用意してくれるかも!?」といったかすかな期待も込めていました。

そして、こんな感じで予習をしました。

【追記あり】台湾で献血するための予習

献血に限ったことではありませんが、外国語であろうとなかろうと、やりとりにはプロトコル(通信手順)がありますよね。
たとえば、コンビニで買い物したい場合を客視点で表現すると、

  • 商品を探し、レジに持って行く
  • レジ担当がレジ操作し、最終的にレジの表示板に表示された金額を把握する
  • その金額より多めのお金をレジ担当に渡す
  • お釣りをもらって、商品を持ち帰る

という作業でしかなく、言葉がわからなくてもレジに表示された数字がわかれば買い物はできるわけです。これが購入という行為。

これを献血に当てはめれば高度な中国語会話ができなくても台湾での献血は可能であろうと予想し、予習の時点でこういうことをしました。

  • 献血のフローを確認(日本での献血の経験も思い出す)
  • 日本人観光客でも台湾で献血できた人がいた
  • 問診票はWebでも公開されているのでそれを理解し事前にチェックし当日持参しよう!

国は違っても献血する際のフローは基本的にだいたい一緒です。

日本であればこう。

  1. 受付
  2. 質問(問診票)への回答
  3. 問診/血圧・体温測定
  4. ヘモグロビン濃度測定/血液型事前検査
  5. 採血
  6. 休憩

(詳細は http://www.jrc.or.jp/donation/about/process/。)

今回の台湾ではこうでした。

  1. 受付/血圧測定
  2. 質問(問診票)への回答
  3. 問診/血圧測定/ヘモグロビン濃度測定/血液型事前検査
  4. 採血
  5. 休憩

(詳細は http://www.blood.org.tw/Internet/main/docDetail.aspx?uid=6549&pid=6385&docid=23927。)

で、実際に現場でちょっと焦ったことと、どう対応したのかを説明していきます。

  1. 受付/血圧測定
    受付のおじさんは「身分証確認と血圧測定」をしていることは、並んでいるときからわかっていたので、パスポートを事前に手に持っておいて、順番が来たらすぐに「我是日本人!」と言いながら座りました。「您能說中文嗎?」といった返しがありましたが、ニコニコしながらその場をやり過ごそうとしたところ、おじさんが固まり、私も固まりました。おじさんは「護照」とか言ってはいました。そしたら、私の後ろに並んでいる人が「パスポート!」とフォローしてくださったので、「パスポートはこうして手に持っているのになんでだろう?」と思いつつ、パスポート番号が書かれているページを開いておじさんに見せたら流れが再開しました。ちゃんと見せないとダメですよね、すみませんでした。。。こんなことがあったので血圧が上がってしまったようで、3回くらい計り直しました。。。
  2. 質問(問診票)への回答
    タブレットで入力することになっていました。私は事前に入手したPDFの問診票に記入したものを持参しましたので、楽勝だと思っていました。質問に答える前に自分の名前とか住所を入力することになりますが、フツーの日本人は注音記号(いわゆるボポモフォ)での入力は無理と思いますので、そのあたりはその担当の人に助けを求めましょう。たまたまなのか、事前にアサインしてくれたのかわかりませんが、ここの担当のFFK12のスタッフジャンパーを着た金髪の台湾人女性は日本語ができる方でした。住所のところが台湾の県・市がドロップダウンリストに入っていて、外国の場合どうすればよいのかわからなかったので、この金髪の担当の方に持参した記入済みの問診票を渡してほぼすべてを入力代行していただきました。本当に助かりました。
  3. 問診/血圧測定/ヘモグロビン濃度測定/血液型事前検査
    献血のバスに乗り込んでから(並んでから4時間後)、自分の番号が呼ばれ、個室に入って問診等があります。数字くらいは聞き取りができないと難しいかもです(バス前方に番号が表示されるようにはなっているのでそこを見ていればなんとかなるとは思います)。ピンクのナース服を着た女性が担当です。「哈儸!我是日本人!」と言いつつ入室すると、ここでも「您能說中文嗎?」的な返し。「OK!OK!」と言いつつ、混み入った質問がされそうな気配を感じたので「小愛老師」の準備をしました(小愛老師とはシャオミ製の通訳機です)。小愛老師を使ってやっと意味がわかったことは「あんた、服役してたことある?」でした。問診票の13番目の質問をここでもかよ!と思いつつ「No!No!No!No!」と返しました。他にも問診票にあった質問、「同性愛者?」とか「最近、不特定多数と性行為した?」とか、個室での羞恥プレイ的な質問が続き、ここでも血圧測定もあり、血圧上昇! 「白大衣高血壓!」と伝えつつ、なんとかやりきりました。
    ここでの血液検査は薬指の指先にチクッとし挿して終了でした。
    「あんたの番号はこれだから、もし告白したいことがあったらここに電話してね」というのもありました。
  4. 採血
    今度は番号ではなく、(中国語読みの)フルネームで呼ばれました。行ってみると、「どっちの腕でやる?」でした。
    再び待ちになり、またフルネームを呼ばれました。行ってみると、「請問你的姓名是?」と聞かれました。「あんたが今呼んだんじゃんよ!」と思いつつ、「我叫〇〇」と返しました。
    その後は「まず消毒するからね」「ちょっとチクッとするよ」、終わった後は「今日はいっぱい水飲んでね」「ガーゼは30分後に取ってね」「終わったらクッキー食べて10分休憩してからバスを出てね」といった流れで、本当に日本での献血と同じような会話でした。

上記の1に到達するまでにかなりの待ちがありました。私が日本人であることを知ったスタッフさんたちや列の前後の人たちは、ときどき日本語での気遣いもしていただき、本当に助かりました。

マクロファージさんがいた!!

 

帰国後、血液検査の結果がメールで届き、台湾の献血のWebサイトへの登録もできました。


これで引き続き、継続的な台湾での献血ができるようになりました。
もっとちゃんと会話もできるようになっておきたいと思います。

台湾・高雄でライド型VRコンテンツ体験!


先日、台湾の高雄でライド型VR体験をしてきました。

高雄というと、高雄メトロの萌キャラ「高捷少女(たかめ少女)」を筆頭に、「發大財(ふぁーだーつぁい)」という流行語の変なおじさんだとか、その一代前の陳菊(ちんきく)というおばさんもなかなかな方ですし、キツネコンというVTuberなんかもいたり、キャラクター的にも面白い方々がいっぱい出没する地域ですね。そうそう、2019年6月にはフニーも高雄の観光大使をしていました。

日本では東京のお台場(意外に私の家から近い)でも体験できるのですが、行ったことがありませんでした。
この記事を書きながら知ったこととなりますが、私が今回行った、BROGENT(ブロージェント)という高雄が本社の会社が、世界の体感型シネマをリードしていて、お台場のHexaRide(ヘキサライド)もBROGENTの設備を使っていて、そのコンテンツとして日本のアニメが上映されていたりするようです。

「いきなり台湾でそんな体験しようと持っても、現地の言葉喋れないし。。。」と思う方もいるかと思いますが、申し込み等は簡単です。
kkdayで予約しておけばよいのです。

ここから申し込みできます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【台湾・高雄】i-Ride 体験センター 体験型アトラクションチケット
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここから申し込みできます。

実際に向かうべき場所はここです。ポイントされている場所が受付のある場所です。

Googleマップとかタクシーのアプリとかを使えば行けるでしょうけれど、入口から実際の受付場所に行くまでがよくわからないと思いますので、ここから写真で説明します。

まず正門がここです。どんどん建物がある方向に入って行ってしまいましょう。
建物まで行くと受付までの矢印が見えてきますので、その矢印に従って進んで行きましょう。
突き当りを右折するとこんな感じで受付の場所です。
私は朝イチ(09:30~)の予約をしていたので、早目に到着していて、09:10くらいからシャッターが開き始めました。

受付の人にkkdayの申し込みの紙を見せて、上映時間まで待っていればOK。
スタッフの中には日本語が話せる女性もいました。
今回の私は「攻殻機動隊GHOST CHASER」を予約をしていたのですが、他のお客さんがいなかったからか、「中国語と日本語、どっちがいいですか?」と聞かれたので、日本語での上映をしていただきました。



体験しないとわからないことですが、真っ暗になって、本当に映画の世界に没入できる仕組みでした。

次に高雄に行く機会にも別コンテンツを観たいです。お台場でも観たいと思いました。

なお、高雄でなくても、台北でも同じような設備が101の近くにあってVR体験できるようです。
【台湾・台北】i-Ride TAIPEIで空の旅を!体験型アトラクションチケット

高雄で体験したい場合はこちら。
【台湾・高雄】i-Ride 体験センター 体験型アトラクションチケット

LCC旅ならCABIN ZERO(キャビンゼロ)で。


[キャビンゼロ] バックパック cz171201 ブラック One Size

今年の夏にCABIN ZEROを買いました。
「なんでこんないいものを買ってなかったんだろう」と思いました。

それまでの私は「GORUCK GR2」という頑丈なリュックを愛用していました。
これの34L(リットル)を愛用していました。
とにかく頑丈です。疲れたときにはオットマンの代わりに足を載せたりして休憩なんかもしていました。

LCCで台湾などに行くときにも基本的にこれで行き来していましたが、ピーチの飛行機に乗るときなどに7kgを越えそうになることが多々あり、基本から見直そうと思いました。

GR2の重量は4.75LBS、つまり、このリュックだけで約2.2kgの重さだったんです。。。価格もなかなかなものでした。
7kgまでと言われているのに、リュックだけで2.2kgもあると、4.8kgしか入らないわけです。着替え、複数のモバイルバッテリー、複数のスマホだけで、もう無理な状態でした。

ところが、キャビンゼロですと、44Lのタイプでも760gなんです!! そして1万円しないで買えるんです!!
日常的にGR2を背負っている私からすると、「なんだその軽さ!! スグに破けちゃうんじゃない?」と思えてしまいました。

が、実際に購入して渡航の際に使ってみたところ、何の問題もありませんでした。
もちろん、GR2と比べると「フニャッ」としてしまいますが、戦場に行くわけではないので、問題なし。

「軽くて、今までよりも荷物を入れることができる」ということが実感できました。

GR2と比較すると、「雨に弱そう。。。」な気もしましたが、これもまた安価な解決策があり、実際に問題ありませんでした。
その解決策とは、これです。

ダイソーの「かぶせるタイプ後ろカゴカバー」です。
これが、キャビンゼロにピッタリでした。
アマゾンだとか登山用品店で、レインカバーとかザックカバーとして探すと、とんでもない値段ですが、ダイソーだとあり得ない安さで丈夫です。

私自身、台湾にいるときに強い台風に遭遇しましたが、このカバーで中身は無事でした。
ちなみに私の身体はダイソーで買った「レインコート」と「レインズボン」で問題なしでした。

というわけで、安く、安全に旅をしたい人は、LCC × キャビンゼロ × ダイソー でより快適な渡航ができるようになるかと思います。
台湾や韓国だと、ダイソーも現地にありますけれど、私の場合はキャビンゼロの中に常に「かぶせるタイプ後ろカゴカバー」「レインコート」と「レインズボン」を入れ、また、折り畳み傘をキャビンゼロの横に挿して渡航しています。

そして、持込重量の関係から、「行きはピーチだけど、帰りはタイガーエアにする」みたいにするようになりました。
ピーチだと7kgまでですがタイガーエアは10kgまでOKなので、日本から行くときはもともと軽いけれど、帰りにお土産も買うことを想定して、帰りの便は10kgまでOKなタイガーエアにしているわけです。お土産を買うつもりが無いときは、往復ともにピーチにするというのもよいと思います。

という具合に、リュックの重さを調べて変えてみるだけで、旅の快適度は変わりますので、まだそのようなことをされていない方は、是非、やってみてください。

 


[キャビンゼロ] バックパック cz171201 ブラック One Size