【965】台湾・九份(きゅうふん)にバスで簡単に行く方法。1062じゃなくて

これまではツアーとかに参加せずに九份に安く行こうという人の場合、忠孝復興駅から1062のバスで行くというのがポピュラーだったようですが、965というもっと便利なバスが開通しています!

桃園空港から最短で安く行くにはこんな方法もあるということで、メモっておきますね。

  1. 桃園空港からMRTで台北駅へ
  2. 地上に出て、徒歩で北門駅の2番出口へ
  3. バス停から965番バスに乗って、九彬老街へ

1. 桃園空港からMRTで台北駅へ

2. 地上に出て、徒歩で北門駅の2番出口へ

3. バス停から965番バスに乗って、九份老街へ

せっかくバス停までスピーディーに到着できてもバスが来ないと時間がかかってしまうので、MRTに乗っているときに以下のアプリでバスの居場所を確認しておくと便利です。

BusTracker Taipei
BusTracker Taipei
Developer: Yahoo奇摩
Price: Free

BusTracker Taipei
BusTracker Taipei
Developer:
Price: Free

  • Routes – 965
  • 「Zhonghua Rd. N. Stop」というのが、北門駅の2番バス乗り場

実際に私が乗ったのは平日の午前中でしたが50分で到着しました。料金は90TWDでした(EasyCardの場合、乗車時に15TWD、下車時に75TWDが引かれました)。

私の場合、九份に宿泊し、翌日の午前中に1062のバスで台北に戻りました。
九份から台北に戻るときのバス乗り場はここになります。
セブンイレブンを基準にすると坂を上った方向にあります。

 

台北の忠孝復興駅に到着しますが、平日の午前中で80分で到着しました。料金は92TWDでした(EasyCardの場合、乗車時に15TWD、下車時に77TWDが引かれました)。

ちなみに九份は雨がよく降る地域だということは調べるとよく出てくるかと思います。私は折りたたみ傘と雨がっぱを日本から持って行きましたが、現地ではいたるところで売っているので荷物を多くしたくない方は現地調達でもよいかもです。

香港エクスプレス 羽田便 時刻等変更


どうやら香港エクスプレスの運航時間等にちょっとだけ変更が入るようです。
私が知ったのは羽田~香港の便のみ。11月頃からの変更?

■UO625
 旧: 06:35 羽田 → 10:45 香港
 新: 06:25 羽田 → 10:45 香港

■UO622 → UO32
 旧: 18:15 香港 → 23:10 羽田
 新: 18:00 香港 → 22:55 羽田

という感じで、

・羽田から香港に向けて朝早く出発する便の出発時刻が10分ほど速くなる
・香港から羽田に帰って来る便の到着時刻が15分ほど速くなる
・香港から羽田に帰って来る便の名称がUO622からUO32に変更となる

といった変更となるようです。

Ingress Primeのリリース時期と対応機種 #2

今年の1月末にこの記事を書きました。
あれから7か月が経過しますが、まだリリースされていませんね。
改めて状況整理したいと思います。

2018年にリリース予定のIngress Primeですが、これまでに発表されている情報から  ARKit および ARCore を使ったアプリとなることは確定しているようです。
1月の頃と比較すると 現在はARKitもACRoreも動くようになっています。
この情報だけで、対応機種とリリース時期らしきことはだいたい見えてくるかと。

  • ARkit
    Apple社の拡張現実フレームワーク
    最新版は2.0(iOS12に入る。iOS11の場合ARkit1番台が動作。)
    Apple A9チップ以降の機種に対応
    具体的な対応機種は

    • iPhone X
    • iPhone 8
    • iPhone 8 Plus
    • iPhone 7
    • iPhone 7 Plus
    • iPhone SE
    • iPhone 6s
    • iPhone 6s Plus
  • ARCore
    Google社の拡張現実フレームワーク
    最新版は1.4.0(Android 7.0以上で動作)
    具体的な対応機種はこちらで確認を。

となります。

1月末の時点では私は「Nianticの開発状況以前に、GoogleがARCoreの正式版をリリースをしないことにはAndroid版のIngress Primeはリリースできなさそうな状況と思われます。」と書いていましたが、現時点では、ARCoreは正式版になっているので、リリースのタイミングはNiantic次第という状況と思われます。