飛虎将軍(ひこしょうぐん)は茨城県水戸市出身。

台湾の台南市には、茨城県水戸市出身の人(杉浦茂峰(すぎうらしねみね)さん)が台南の守護神として祀られています。
台湾渡航の数日前にそのことを知り、こちらのWebページの情報を頼りに関係者に連絡を取って、先日、実際に行ってきました。
私自身も茨城県水戸市出身ですし、今回の渡台は茨城空港からタイガーエアで向かうため、飛虎≒タイガーエアみたいにも思えるし、呼ばれたような気がしました。
なんだか台湾には、日本人には知られていない偉大な日本人の功績などがいろいろとあるようですね。

飛虎将軍についての基礎知識は、以下の2つのWebページを読んでおけばOKかと思います。

ざっくりと私なりに説明してみますと、

  • 戦時中、零式戦闘機パイロットの杉浦さん(21才)は台南上空での空中戦で被弾した
  • スグに脱出すれば助かったはずだが、そうしてしまうと被弾した戦闘機が集落に突っ込んで住人を巻き込んでしまうため、住民がいないところまで無理して飛び続けた
  • 畑や養殖池があるところに墜落

ということで、自分の命よりも住人たちの命を優先させた、いわゆる利他的行動をされてお亡くなりになられ、そういうことが後に知られるようになり、飛虎将軍廟に祀られるようになったという展開のようです。

21才くらいですと、利他ではなく、利己的な年頃のようにも思えますが、杉浦さんは住人の命を優先させました。
こういった精神によって助けられたこと、こういったやさしさの重要性を後世にも語り継いでいくことは重要ですよね。

水戸には理屈っぽい・怒りっぽい・骨っぽいという「水戸の三ぽい」があり、私自身もそれを自覚していますし、水戸学が幕末の尊王攘夷のトリガーになっていたわけで、そういった精神が日本統治時代の台湾のいたるところに受け継がれ、今でもインフラとして残っていたり、精神として受け継がれていることを実感しました。

さあ、このご縁をどう活かしていこう!

日本人が台湾でタクシーを呼ぶ一番簡単な方法

日本人が台湾でタクシーを呼ぶ方法はいろいろあります。都市部であればUberなんかもあります。

検索するといろいろ出てくるかと思います。コンビニの端末使って呼ぶ方法とか、LINEで呼ぶ方法とか。。。
が、調べた挙句、台湾の電話番号持っている人でないと呼べないとかだと困りますよね。
台湾の電話番号を持っていなくても、日本でスマホ使っている人であれば、イモトのWi-Fiとかで台湾旅行する人であっても簡単に日本語でタクシーを呼ぶ方法が最近できましたよ!

台湾華語がわからなくても、GPSで現在地は自動取得できますので、行先を地図にポイントしてタクシーを呼び出せば、間違いなく呼んだ場所に来て来れて、指定場所に連れて行ってくれます。ですので、到着したら現金でお支払い。呼んだタクシーによっては、悠遊卡(EasyCard)やクレジットカードでの支払いにも対応しているようです。運次第ですね。

こんなことを可能にする方法は、このアプリを使えばよいのです!

日本のタクシー会社「大和自動車交通」のアプリで台湾のタクシーを呼ぶことができるのです。
つまり、日本語での操作でできるというわけです。
大和自動車交通の提携先は台湾大車隊です。台湾の大手のタクシー会社。
ですので、台北だけということではなく、台中とか台南とか高雄とか花蓮でも呼べます。
(花蓮は台数少ないみたいですが。。。)

詳しい使い方などは、こちらのページで。

台湾リピーターは計量型のプリペイドSIMを持とう!

先日、台中アノマリーに行ったタイミングで、私は以下の3つのSIMを調達しました。
「台湾に何度も行くような方は2のSIMも持っていたほうがいいですよ。簡単に買えますよ。」という話です。

  1. 空港で中華電信の5日間使い放題(計日型)のプリペイドSIM
    300元(約1089円)。
    トップアップ(リチャージ)しても最大1か月しか使えないタイプ。
    観光客でも調達可能。というか、だいたいの人はこういう使い捨てタイプで済ませてますよね。
  2. 台中の台湾大哥大の直営店で計量型のプリペイドSIM(4G預付卡300型)
    300元(約1089円)。
    アプリとかWebページからトップアップ(リチャージ)していけば、ずーっと台湾の電話番号が保持できるタイプ。
    観光客でも調達可能。台湾に何度も行くような人(常客証持ちとか)は持っていたほうがお得なSIM。
    申請すれば、この台湾SIMの電話番号のままで、日本でも使えます。
    YouBike(レンタサイクル)とか、台湾のECサイトの通販とか、台湾の各種サービスに登録しようとすると、台湾の携帯電話番号を持っていないとできなかったりしますが、このSIMがあれば日本にいてもSMS認証もできるので登録等が簡単にできるようになります。(空港で調達できるSIMでも短期的にはSMS認証の突破はできますが、長期的には他の人がその電話番号を使うことになってしまい、どことなく犯罪臭がして制限されてしまう可能性がありリスキーですので、こっちのSIMがあったほうが無難かと)
  3. 台中の中華電信の直営店でプリペイドではない一番安いSIM(4G 199型)
    月額199元(約722円/月)で、200MBまでの通信はできるが、音声通話の無料枠とかはまったくないタイプ。
    着信専用電話ですね。今の時代、SkypeとかLINEがあるわけですが、これはこれで役に立ったりします。
    中華民國統一證號と居留証(あるいは台湾に住んでいることの証明書類等)がないと調達は難しいです。