海外渡航時、ラウンジでゆったり過ごせるようになりますよ。

台湾の1年間ネット使い放題SIMを買いました。

私はよく台中に行くので、台中での話です。

これまでの私は渡台時のネット利用のためのSIMについてはこんな感じでした。

  1. 渡台の度に○日間使い放題のプリペイドSIMを都度空港で購入していた
  2. 日本で調達したSIM2Flyを渡台のタイミングでトップアップしながら使った
  3. 台湾で使用期限関係なくトップアップ可能なプリペイドSIMを買い、渡台のタイミングでオプションのデータ用パック(ときには計量型、ときには計日型)をWeb経由で買っていた

しかしながら渡台の度にそういうことをしていると意外にお金も手間もかかりました。
また、Amazon.co.jpで買える安いSIMは、市街地以外ではまったく使い物にならなかったり、SIM2Flyは通信が毎回タイ経由となるので遅さを感じたり。。。(フツーの人はそこまで気にすることはないかも知れません)

抜本的に解決できる方法がないか探してみたところ、1年間ネット使い放題のプリペイドSIMが2200台湾ドルで、観光客でも買えることがわかりまして、実際に買って使いはじめました。
きっかけはこちらのブログ記事です。
https://www.cubmaga.com/692/

空港で買える5日間使い放題SIMは300台湾ドルです。つまり、40日分の費用で1年使えるSIMが買えるわけですので、とてもお得です。1年あたり40日以上台湾にいる人にとっては。逆に言えば、そんなに渡台しない人にとっては無駄遣いになると思いますのでご注意ください。

で、このSIMのキャリアは「台灣之星」です。

私が調達したのは、台中の東協廣場(第一廣場)にあるSIM屋さんでです。この周辺にはいっぱいあります。店舗ではなく、路上にテーブル出して売っているような人もいます。

台湾に住んでいない私が使った証明書類は

  • パスポート
  • 日本の運転免許証

です。

住所欄は、私は中華民國統一證號基資表を持っているので、その申請をしたときと同じにしました。そういうのを持っていない人は、泊まっているホテルの所在地でもOKとのこと。
連絡先電話番号は、既に所有しているずーっとつかえるプリペイドSIMの電話番号を記入しました。

お店の人から「どの電話番号がいい?」と複数のパッケージを見せてくれまして、テキトーに選びました。

店員に話しかけてから開通までは15分程度でした。

スピードはこんな感じでした。

話し放題はではありませんが、音声通話もできるようです。

台灣之星はiOS向けeSIMサービスもやっていて、2019/07/31までは設定料金は無料とのことですが、プリペイドカードには未対応とのことですので、このVIBO ONEのeSIM化はできなさそうです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA