海外アノマリーに行ったときの観光の一例(スペイン・マドリード)


イングレスをやっている人が海外アノマリーに参加するとき、アノマリーとミッションデーに参加するだけではもったいないので、スケジュールが許す限りどうにか観光もしたいと思うのではないかと思います。

私がマドリードのアノマリーに参加したときも観光に行きました。今回はそのあたりにフォーカスして書いてみたいと思います。
(イスタンブールでの無料トランジットツアーはまた別の記事にします)

エアチケットを確保するときにざっくりとこんなスケジュールを考えていました。

日付曜日イベント
11/29成田発
11/30イスタンブール着
イスタンブール観光
マドリード着
12/1観光
12/2アノマリー
12/3ミッションデー
12/4連作ミッション
マドリード発
12/5イスタンブール着
成田着
自宅着

つまり、フルでマドリード付近の観光ができるのは12/1だけということになりました。
事前に日本で「るるぶ」だとかの本を読んだりしたところ、「どうせマドリード市街地はミッションデーで歩き回るんだから、マドリード近くの別の場所に行こう」と思うようになりました。

そして、「とにかくラクにコストをかけずにいろいろ周りたい」と思うようになり、ネットでも情報収集したところ、よいツアーが見付かりました。

そのときに使ったサイトがここです。

icon1日でトレドとセゴビアの両方に行けてしまうツアーがあったのです!
こちらです!
icon

個人で手配していたらコストもかなり必要ですし、はじめての土地でのトラブルに巻き込まれたらいろいろと面倒ですよね。
上記ツアーは移動は同じバスだけれども、現地に到着したら自由行動ができるタイプのツアーでした。
ですので、イングレスのエージェントからしたら、UPV/UPCを増やすにはかなり有効なツアーだといえるかと思います。

というわけで、今後、海外に行くときには似たような自由なツアーがないか、VELTRAで調べることを癖付けたいと思っています。

私のVELTRA体験
icon

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。

私がマドリード行きを決めた流れ #ingadv2017

※私がマドリードでのアノマリー参加から帰国した日である2017/12/05がIngress Advent Calender 2017で空いたままだったので、そこ用の記事として2017/12/16に書きました。

先日の記事「イングレス目的の海外渡航の一例 #ingadv2017」で、「なんでマドリードに5万円台で行けるの!?」と興味を持たれた方もいらっしゃるのではないかと思い、そこにフォーカスした記事を書いてみます。

 

2017/05/18(木)
ターキッシュエアラインズが”プレミアムサードフライデー”というセールを5/19~5/25でやっていて、ヨーロッパ方面に往復5万円前半で行けることを知った。
エビデンス

 

2017/05/23(火)
Google+のIngressアカウントでQ3およびQ4のアノマリーの日程と開催地が発表された。
Q4のアノマリーは上記のターキッシュエアラインズのセールの対象搭乗期間であることを確認。
エビデンス

 

2017/05/24(水)
マドリード行きのエアチケットをエクスペディアで購入。
購入時のポイントとしては、ターキッシュエアラインズでマドリードに行く場合、イスタンブール経由となる。イスタンブールでは無料のトランジットツアーがあるので、故意にトランジットの時間を長くし、トランジットツアーに参加できるよう手配。

(←この画像はクリックすると別タブで拡大表示されます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、「Q4のヨーロッパならば、マドリード(スペイン)以外に、ベルギーでもエストニアでもあったわけだけど、なぜ、マドリードにしたの?」と思われるかも知れませんね。これについては明確な理由はありません。なんとなく、スペインに行ったことがなかったので、マドリード行きに決めました。

ちなみに、プレミアムサードフライデーというセールは5月だけでなく6月もやっていました。

こういう具合に、アノマリーの時期と開催地がはやく決まれば、余裕をもって安く渡航できるので、Niantic, Inc.の方々には、前回の発表のように、半年前には開催予定を発表してもらいたいなーと私自身も思っております。

 

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。