【超便利!】Starhubのhappy Prepaid SIM

2018年4月12日(木)、ミッションデー・ペナンに向かう際、故意にシンガポールを経由しました。
シンガポール経由にした理由は Starhub の happy Prepaid SIM を調達するためでした。

happy Prepaid SIMについてはさまざまな方がブログ記事等を書かれておりますが、特徴を簡潔に説明すると、このSIMが1つあるだけで、たいていの国に渡航する際にいちいちSIMを買わなくて済むし、安いし、日本のクレジットカードを使ってこのSIMの有効期限の延長も可能で日本でも利用可能といった感じです。

日本国内で使うとこんな感じです。

イングレスのエージェント向けの説明をしておきますと、各国のアノマリーで使うには、毎回シンガポールを経由しての通信となってしまうため、向いていません(シンガポールでアノマリーに参加するときには使えるとは思います)。各国のミッションデーに参加したり各国の連作ミッションをクリアすることが目的であればこのSIMがとても重宝します。
私自身、このSIMに出会うまでは、毎回、渡航前にSIMを調達あるいは予約した上で渡航し、SIMの入れ替えが面倒だったり、SIM挿して設定も間違えていないのに、通信ができなくて空港でドキドキしたりしていました。
が、このSIMをゲットしてからは、飛行機が渡航先の空港に到着したらスグに通信ができるようになりました。
タイのsim2flyというSIMも、日本で設定してそのまま海外で使うことも可能ですが、タイの現地で買ったsim2flyでない場合は使い捨てのSIMとなってしまいますけれど、happy Prepaid SIMの場合、日本のクレジットカードを使って、同じ電話番号を維持し続けることができます。つまり、何度も何度もSIMを買うという行為から解放されるのです。

さて、調達の仕方ですが、

  1. 渡航前にこちらから予約しておきます。
    https://topup.starhub.com/preorder/tourist/
  2. シンガポールに到着したら入国する前にUOBという両替のお店に向かい、予約時に届いたメールを印刷しておいて、それを渡すことでSIMを受け取ることができます。

といった感じで簡単です。

注意点としましては、

  • 1人に3枚までしか発行できない
  • 事前予約していない場合、入国しないと買えないこともあるので、事前予約必須

くらいかと。

私自身、日本から日本のクレジットカードを使ってトップアップして、利用期限の延長もちゃんとできています。
海外渡航時、メインのSIMとしてではなく、バックアップ用SIMとして1つ持っておくととても便利ですので、出張や観光、アノマリー等でシンガポールへ行く、あるいは、シンガポール経由でどこかに行かれる方は、このSIMの調達を検討しておくとよろしいかと思います。

 

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。

【搭乗記】TR899 スクートビズで台北経由でシンガポールへ

これは2018年4月12日(木)のこととなります。
イングレスのイベント「ミッションデー・ペナン」へと向かうため、スクートの飛行機を利用して成田からシンガポールへと向かいました。
TR899という便で台北(桃園空港)経由となります。
エコノミーで行く予定でしたが、予想通り数日前に「スクートビズ(ビジネスクラス)にアップグレードしませんか?」的なメールが届きました。
運が良ければ9000円でスクートビスに乗れるので、応募し、当選し、スクートビズでゆったりとシンガポールへ向かうことができました。

この便での注意点として、台北では一旦、持ち込み手荷物を全部持って、改めて保安検査を受ける必要があります。
機内に置いて行って保安検査に向かってしまうと棄てられてしまうとのことです。
私はスクートビズ利用だったのでサッと降りることができ、保安検査を済ませ、搭乗口に移動するのに約15分程度で済みました。
が、エコノミーの後方座席に座っている方の場合は時間が足りなくて焦ってしまうかも知れません。まあ、台北に置いて行かれるようなことにはならないとは思いますが、一旦、出国するであるとか、買い物をしているような時間はないと思ってください。
私が1つだけ後悔していることは、「台湾の硬貨を持って行かなかったこと」です。
台北から改めて飛行機に乗るまでのちょっとした時間に自販機で黒松沙士を買うことができませんでした。
もし、またTR899でシンガポールに行く機会があったときには、忘れずに台湾の硬貨も持って行きたいと思います。

 

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。