海外渡航時、ラウンジでゆったり過ごせるようになりますよ。

「安全な通信を確立できませんでした。もう一度入力してください。」の対処法

イングレスをやっている人たちに最近、徐々に発生頻度も増えてきているこの事象。世界中で発生中の模様。

日本語だと、
「安全な通信を確立できませんでした。もう一度入力してください。」

英語だと、
“Secure connection could not be established! Please try again.” というやつですが、
今回はこれ関連のことを書いてみたいと思います。

 

■解決法(ITスキルの有無関係なく手っ取り早く解決する方法)

・一旦、イングレスをアンインストールし、改めてインストールする。
改めてインストールしたとき、いろいろと設定値も初期状態に戻るので、音声が「大」になっています。音が出ないようにしてからイングレスを起動しましょうね。

 

 

■解決法(多少はスマホのことはわかる人向け)

・イングレスの[データを消去]する
これの手順がわからない人は、上記のアンインストールを実施したほうが手っ取り早いです。
※[キャッシュを消去]しても意味ないです。

 

■解決法?
・事象が発生したら、もうその日のイングレスは終了にして、別のことに時間を割く。いつの間にか解決しているかも。

 

■雑感など

どんな会社組織であってもサポート窓口というのはマニュアル通りの定型文の対応をするだけです。
すごく詳しい人が懇切丁寧に対応してくれることはないですよね。
エンジニアは開発に専念させられているので、エンジニア級の人がサポート窓口で対応しているなんてことはないし、上席に代わってもらったところで技術的な会話なんてできないのがフツー。
複数の同様の情報が貯まれば、会社組織としても対応することになるとは思いますが、スピーディーな対応は無理なので、スピード優先でどうにかしたい場合には、ユーザ側にいる詳しい人が情報をシェアするしかない。そんなところかと思います。
今回のような事象がアノマリーの直前とか最中に発生したとしても、どうにか切り抜けられるようにしておく。そういうことは陣営を越えて知っておくべきことと思います。

茨城県水戸市出身。東京都中央区在住。大学院修士課程システム工学専攻修了。100mの自己最高公認記録は10秒8。難病の大腸性潰瘍炎を患ったがインドで修行して消失。Ⅱ型減圧症経験者。私立女子大→フリーランス→経営コンサルタント→CTO→フリーランス→会社員(電子決済系)。9才の頃に家庭の都合でアマチュア無線の免許を取得。同時期にBASICでのプログラミングをはじめ、それ以降、Z80でプロテクト解析・ゲーム改造、パケット無線などで昭和時代を過ごした。また、何かと上座部仏教のノウハウを活用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA