【追記あり】台湾で献血するための予習

※台湾で献血を実施している台灣血液基金會に確認したことは、最後のほうに追記しています(2019/10/07)。

台湾に住んでいない人でも台湾で献血ができるのか、やってみないとわからないので、ちょっと予習をしてみました。
最近の私は、月1ペースくらいで台湾に行っています。
そういう人は日本では献血させてもらえません。
似たような縛りが台湾にもあるかも知れませんが、とりあえず、こんな動画を見付けました。
今年の7月に台北の長春捐血室で献血された日本人の方の動画です。台湾に住んでいる人ではない模様。


この動画で、観光で台湾に来た日本人でも献血はできそうであることがわかりました。
動画の中に出てきた問診票をネットで探したら見付かりました。
問診票はたぶんこれだ!!と思い、自分なりに訳してみました。
ただし、私は医師ではありません(バイオ経営士ではありますが)。
私自身のメモとして作りましたので、誤訳だとか、これを参考にして失敗したとかの文句などは一切受け付けません。

これで問診票はなんとかなると思う。
あとは、医師との問診は台湾華語でのやりとりとなるでしょうから、筆談にするなり、先日入手したけれど本格的には使っていない「小愛老師」などを使ってチャレンジしてみようかと思います。

なお、問診票は英語版もあります。
台湾華語でやりとりできなくても、英語で医師の問診を受けることもできるかもですね。

 

— ここから追記 (2019/10/07) —

自分の勝手な考え(ある意味妄想)では信憑性がありませんので、台灣血液基金會にメールで質問して、その回答をいだたけましたので、以下に転記します。

私からはこんな文面を送りました。

你好。
我是日本人。
我經常去台湾。
下次我想在台湾捐血。
如果面談和血液狀況正常,我可以捐血嗎?
讓我知道,如果有什麼需要注意的。

日本語にすると、

こんにちは。
私は日本人です。
私はよく台湾に行きます。
今度台湾で献血したいと思っています。
問診と血液状態が正常であれば、私は献血できますか?
私が注意すべきこと何かあったら、教えてください。

といった内容です。
これに対してこんな返信をいただきました。

つまり、

こんにちは:
問診と血液状態が正常なら
条件を満たすので献血可能です。
献血する場所にパスポート持ってきてくださいね。

とても感謝します。
台灣血液基金會はあなたの健康と平安をお祈りします。

ということでした。

文面から「私は日本からの観光客だ」ということは読み取ってくれていると思います。とともに、私は台湾華語で質問しているので、「台湾華語での会話もできる人なんだろうな」と思われてのこの回答であるとも言えるかと思います。
問診票は中文/英文両方とも日本で印刷して、記入できるところはしておいて、献血できる場所に持参すれば、問診まではすんなりいけるでしょう。

あとは、体調とか血圧とか血液の状態がよく、医師からもOKをいただければよいだけですね。下図の3のことです。

日本の献血センターの場合、台湾からの帰国であっても帰国して4週間以内は献血させてもらえませんが、日本に入国した外国人であれば、日本語での会話ができるなら献血できるので(渡航歴・渡航場所によっては断られるけど)、台湾でも同じようなルールで運用されているんでしょうね。台湾での献血実践に向けて、医師の問診を想定した会話練習なんかも時間があればやっておこうかと思います。ここで勉強しておくと、病気になって台湾の病院に行くことになった時にも応用ができるのでこれはこれでできると何かと便利なはず。

日本赤十字社の血液事業情報システムの障害

2018/03/27、約7時間に渡って、全国規模で献血を受け入れることができない障害が発生していたようですね。
詳細はこちらの公式発表で。

「ログインできない事象」が発生していたとのこと。ADサーバとかが急におかしくなったんですかねぇ??

日本赤十字社は契約締結状況をWebページで公開しているので、それによると、血液事業システムまわりは日立製作所が担当しているようですね。

日本赤十字社は内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の医療セプターには入っていないと思いますが(そもそも今回のはサイバー攻撃が原因でもないでしょうし)、命に係わる血液の流通も留まることなく循環できるようにしたいですよね。

そういう面でも、システム障害が発生したけれど、障害のことを隠すことなくSNSなどを使って、献血に来ていただけるように広報されるなど、事業継続するための手をうっていることなど、組織としての対応がなかなかすごいなぁと思いました。

 

いつも何かが起きる献血


スペインから,帰国してから4週間が経過したので、「やっと献血ができる!」と思い、事前予約して、2018/01/07に献血に行ってきました。
スペインに行く前の2017/11/25にイングレスやっている人向けのイベント「RedFaction in 関東甲信越 製造所見学会」に参加していたので、待ちに待ったといった感じでした。
2018/01/12にはまた渡航してしまう予定なので、このタイミングを逃すわけにはいきませんでした。

ちなみに私はイングレスをはじめてからの献血としては今回のは2回目となります。
前回(2015/06/14)は400mlを抜こうとしていましたが、血を抜いている最中に凝固がはじまってしまい、400ml取れないまま、異常終了のようなことになってしまっていました。

こういった過去があったので、今回は成分献血で予約していました。成分献血であれば、自分の身体に赤血球は戻ってくるので、血液が固まることなく流れるだろうと思って。。。

が、前回の記録があるのか、凝固してしまうような血液だと体内に赤血球も戻ってこないし、血管が細いと裂けてしまうリスクがあるとかで、現場判断で400mlに変更ということになってしまいました。

結果的には今回は約10分で凝固することなく400mlを抜くことができました。

が、実際の献血を開始する前の手続きのプロセスで、「この1年で行った外国名とそれぞれの期間を全部言ってください」と言われ、「いっぱい行ってるんだから即答できないよ。。。」と心の中で思いながら、記憶を辿りながら答えていきました。そういう質問をするのならば、「Webページの「よくあるご質問」にでも書いておいてくれれば、事前に一覧表を作って持参できたのに。。。」と思いました。
服用している薬については、当日の検診医にサッと出せるように準備してお見せできましたので、今後は同じように渡航一覧表を事前に作って持参しようと思いました。

そして、今回はこれをいただきました。
ブランケットだそうです。

今度こそ、成分献血できるといいな。
成分献血で血管が裂けるような事故事例なんてあるのだろうか。。。