海外渡航時、ラウンジでゆったり過ごせるようになりますよ。

台湾・高雄でライド型VRコンテンツ体験!


先日、台湾の高雄でライド型VR体験をしてきました。

高雄というと、高雄メトロの萌キャラ「高捷少女(たかめ少女)」を筆頭に、「發大財(ふぁーだーつぁい)」という流行語の変なおじさんだとか、その一代前の陳菊(ちんきく)というおばさんもなかなかな方ですし、キツネコンというVTuberなんかもいたり、キャラクター的にも面白い方々がいっぱい出没する地域ですね。そうそう、2019年6月にはフニーも高雄の観光大使をしていました。

日本では東京のお台場(意外に私の家から近い)でも体験できるのですが、行ったことがありませんでした。
この記事を書きながら知ったこととなりますが、私が今回行った、BROGENT(ブロージェント)という高雄が本社の会社が、世界の体感型シネマをリードしていて、お台場のHexaRide(ヘキサライド)もBROGENTの設備を使っていて、そのコンテンツとして日本のアニメが上映されていたりするようです。

「いきなり台湾でそんな体験しようと持っても、現地の言葉喋れないし。。。」と思う方もいるかと思いますが、申し込み等は簡単です。
kkdayで予約しておけばよいのです。

ここから申し込みできます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【台湾・高雄】i-Ride 体験センター 体験型アトラクションチケット
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここから申し込みできます。

実際に向かうべき場所はここです。ポイントされている場所が受付のある場所です。

Googleマップとかタクシーのアプリとかを使えば行けるでしょうけれど、入口から実際の受付場所に行くまでがよくわからないと思いますので、ここから写真で説明します。

まず正門がここです。どんどん建物がある方向に入って行ってしまいましょう。
建物まで行くと受付までの矢印が見えてきますので、その矢印に従って進んで行きましょう。
突き当りを右折するとこんな感じで受付の場所です。
私は朝イチ(09:30~)の予約をしていたので、早目に到着していて、09:10くらいからシャッターが開き始めました。

受付の人にkkdayの申し込みの紙を見せて、上映時間まで待っていればOK。
スタッフの中には日本語が話せる女性もいました。
今回の私は「攻殻機動隊GHOST CHASER」を予約をしていたのですが、他のお客さんがいなかったからか、「中国語と日本語、どっちがいいですか?」と聞かれたので、日本語での上映をしていただきました。



体験しないとわからないことですが、真っ暗になって、本当に映画の世界に没入できる仕組みでした。

次に高雄に行く機会にも別コンテンツを観たいです。お台場でも観たいと思いました。

なお、高雄でなくても、台北でも同じような設備が101の近くにあってVR体験できるようです。
【台湾・台北】i-Ride TAIPEIで空の旅を!体験型アトラクションチケット

高雄で体験したい場合はこちら。
【台湾・高雄】i-Ride 体験センター 体験型アトラクションチケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA