海外渡航時、ラウンジでゆったり過ごせるようになりますよ。

eSIM2FlyをiPad mini用に調達して大失敗からの逆転!!


頻繁にいろんなところに海外渡航する人にとっては有名かつ有用なSIMとして、タイのAISという会社の SIM2Fly(しむつーふらい) はとても有名ですね。
Amazonとかで調達して、LINE経由でトップアップ(チャージ)してずーっと使い続けけている人も結構いると思います。
そして、このSIM2Fly、タイに行けばeSIM化できるとのことで(なんか、アンドロメダに行けば機械の体になれる、みたいな。。。)、それを目的にLCCでタイに行くような人もいたかと思います。

しかし、タイに行かなくてもSIM2FlyのeSIMを手に入れることができるとの情報を得、私はeSIMに対応している iPad mini を持っているので、ここぞどばかりにサクッと調達して使い始めてみました。

使い始めてみたのですが、なんか、困った事態に。。。

 

私はこれまで、eSIMではないモノとして存在するSIM2Fly(これ以降「物理版SIM2Fly」と書きます)を使ってきました。
iPadはSMSのやりとりができません。SIM2Flyはトップアップするときには、myAISというアプリを使い、認証のために、SMSでOTP(ワンタイムパスワード)が飛んできて、それを入力することで、myAISが利用できるという仕掛けになっています。
ですので、トップアップするときにはiPadからSIMを抜いて、スマホに差し替えて、SMSが受信できるようにしていました。

が、iPadで eSIM として SIM2Fly を使い始めたところ、

  • iPad では SMS は受信できない
  • eSIM は別のスマホに差し替えできない

という事態に陥ってしまい詰みました。。。

 

さらに、iPad mini の eSIM の仕様は、iPhone のそれとは大きく異なることもよくわかりました。

普段の私はiPad mini に dmmモバイルのSIMを入れて使っています。
そして今回、eSIM に SIM2Fly を入れました。
最初、全く使えませんでした。

「eSIM を使うときは、いちいち、物理SIMのプロファイルを削除しないと使えない」という仕様だったようです。。。
SIMの優先度とかが[設定]あたりでできるだろうと思っていたのですが、そんな設定は iPad ではできませんでした。。。

今年の春、「今度のiPad miniは、eSIM対応だから、海外行くときとかとても便利!」といった記事とか宣伝とかを目にしていましたが、実際にやろうとすると、使いにくいったらありゃしない。。。

というわけで、
iPhoneであればeSIMは使いやすくなってきているかも知れないけれど、
iPadのeSIMはまだ途上段階で使いにくい
ということを皆さんも知っておいていただければと思いました。
「同じiOSなんだから、iPadでもiPhoneと同じように使えるだろう。。。」と楽観視していた私は今、途方に暮れています。。。

 

というのが、2019/06/24の私でした。

 

2019/06/25の私は違います。ほぼ問題が解決しました。

現時点ではiPad mini上の myAIS でログインして状態確認等もできています。
私の場合はもともと物理版SIM2Flyも使ってきており、LINE経由でのトップアップの経験などもあった上で、AISのコールセンターにメールや電話で状況を伝え、何とかなったという展開です。

私の今後の運用方法はこうなります。

  1. 物理版SIM2Flyが使える状態にし、myAISにログインする(アプリでもWebでも可)
  2. eSIM2Flyに対してトップアップする(LINE経由)
  3. iPad miniでテザリングをオンにした上で、myAISを起動
    (すると、SMS/OTP認証なしにログインできる!)
  4. 事前に(2で)トップアップしておいたお金を使って、パッケージを購入

つまり、いきなり、iPadユーザがeSIM2Flyを買ってしまうと詰みます。
iPad版LINEには決済機能はありませんから。。。

iPhoneであればここまでややこしいことにはならないのだとは思います。
iPadOSではこういった問題も解決しているとよいのですが、iPadはもともとSMSはできない仕様ですよね。。。
Apple社としてはeSIMの運用はキャリア側に任せてしまっているのかも知れませんが、このあたり、ユーザに負担がかからないようにキレイに解決してからリリースして欲しかったですねぇ。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA