香港のオクトパスの残金確認方法。

香港の電子マネー「オクトパス(八達通)」。これは日本でSuicaが実現される前の1997年9月に開始されたソニーが開発したFelicaカードになります。つまり、もう20年以上運用されている電子マネーとなりますね。
香港に行く人にとってはマストアイテムになりますが、香港を経由してマカオに行く人にとってもマストアイテムになります(マカオが最終目的地である方はマカオパスもマストアイテムです)。
なぜかというと、現地でちょっとした買い物をするとき、小銭(硬貨)を使ったりお釣りでもらったりするときに、現地の感覚がないとレジとかで時間がかかってしまったり、帰国後に日本円に両替できなかったり、いろいろと面倒なことが多いからです。たとえば、香港空港からマカオ行きのフェリー乗り場にバスで向かうとき、オクトパスを買っておけば小銭なくても安心して乗れます。ただし、基本的にマカオではオクトパスは使えません。別でマカオパスを調達すべきです。

オクトパスは香港空港に到着したら空港内で調達しましょう。
はじめて香港空港に到着したとき私はどこで売っているのか迷いましたが、エアポートエクスプレスという香港空港から香港駅までの電車のチケットを売っているコーナーがいたるところにありまして、そこでオクトパスも取り扱っていますので、150香港ドルで100香港ドルがチャージされたオクトパスを買いましょう。これだけでかなり便利になります。

実際に使い始めると、日本にいてもそうですけれど、「この電子マネー、いくら入っているんだっけ?」と、知りたくなることありますよね。実はちゃんと残金あるのに多めにチャージし過ぎてしまうようなことも避けたいでしょうし、残金不足で改札が通れなくなったり、レジで残金が足りなくて買えなくなったときなど、恥ずかしい状況を避けたいがために。
そういうときはこのアプリを使いましょう。

Octopus Balance Reader
Octopus Balance Reader
Developer: studenttwok
Price: Free

 

マカオパスの調達方法と残金確認方法、そして路線バス

マカオに関するブログとかによく載っている内容としては、「(マカオの)フェリーターミナルに着いたら、カジノ行きのバスに乗っちゃえ!」的な内容が多いですよね。
私の場合、イングレスをやる≒かなり歩き回るため、フツーの観光客とちょっと違う行動を取ることになります。実際、マカオに到着したら、予備のSIMを調達した上で、ミッションのプレイをはじめました。

また、私は海外でも路線バスをよく使います。マカオは路線バスも発達している土地ですが、現金で支払いをしようとするといろいろ面倒なので、マカオパスという、東京でいうところのSuicaのような交通系電子マネーを買うことを事前に計画していました。マカオのフェリーターミナルでは売ってなさそうだったので、ミッションをやりながらどこかのコンビニで買おうとし、実際に買うことができました。買うときの注意点としましては、香港ドルのコインを混ぜて買おうとするとダメのようです。香港ドルの紙幣のみであれば買えます。このあたりは本来はマカオ・パタカという通貨を使う土地であるので、仕方ないことと思います。はじめてマカオパスを買う場合は香港ドルの紙幣のみで130を越える額をコンビニのレジの人に渡しましょう。カード代が30で100のチャージされたモノをレシートとともに渡してくれるはずです。というわけで、最低限、事前に香港ドルは持っていてください。香港からフェリーでマカオに来る人であれば既に両替済みかと思いますが。

で、路線バスに乗る場合は、前から乗ります。
乗り込むときにマカオパスをかざすべき機器にかざすだけです。はじめて乗り込むときは誰かの後について観察しながら乗り込めばよろしいかと。
降りるときは事前に降車ボタンを押してバス停に着いたら降りるだけ。基本的に東京の都バスとかと同じです。
マカオは意外に狭く、かつ、(電車とかないので)バスは頻繁に走っています。
バス停についてはGoogleマップでわかりますので、行きたい場所へのルートを指定すれば、最寄りのバス停や乗るべきバスの番号もわかります。

マカオパスはSuicaとかと同じで、バスに乗るだけでなく、コンビニでの買い物とかでも使えますが、残金がどれくらいあるのか、現地語が喋れない場合は気軽に店員さんに確認依頼することなんてとても難しいですが、以下のスマホアプリで確認可能ですのでご安心を。

Macau Pass Balance
Macau Pass Balance
Developer: Appvisor Limited
Price: Free

 

中国の交通系ICカードと購入場所(成都・蘇州・大連)

※2017年に中国各地に行ったときの記録です。もしかしたら情報が古くなっているかも知れません。ご容赦ください。
日本の東京で言うところの「Suica」とか「PASMO」に相当する交通系ICカードの調達情報です。
中国は地域間の相互乗り入れ利用はまだできず、地域毎に交通系ICカードを調達する必要があります。

1. 成都
カード名: 天府通
購入年月日: 2017年5月27日
購入場所: 天府广场站の売場
購入までの苦労等: こちらのWebページの情報から航空からバスで省体育館駅近くに来て、省体育館駅のD2出口付近に向かいましたが売っておらず、駅係員に聞いてみたところ、「Tianfu Square Station、隣の駅で売っている」とのことで、1駅歩いて売場を探して調達。

 

2. 蘇州
カード名: 苏州漫游卡
購入年月日: 2017年6月8日
購入場所: 苏州车站北口近くの苏站美食街にある観光案内所的なところで対面で買った
購入までの苦労等: こちらのWebページの情報から、苏州火车站地下北出口の苏州市旅游咨询服务中心に行ったが扱っていなかった。向かって左の階段を上り(エスカレーターに乗ると入るべき場所を通り過ぎてしまう)、苏站美食街にある観光案内所的なところでそこの人から調達。

 

3. 大連
カード名: 大连明珠公用卡
購入年月日: 2017年7月14日
購入場所: 大连站南口のバスターミナル近くのカード売り場
購入までの苦労等: ここのWebページの情報そのままでした。