海外渡航時、ラウンジでゆったり過ごせるようになりますよ。

iPod touch (5th generation)の修理関連の記録

ふと音楽を聴きたくなって2012年10月13日に買って電池がヘタっていた iPod touch (5th generation) をどうにかしようと思ってやったことを記録しておきます。まだ完了していません。

2018/11/24(土) 1日目
Apple Store Ginzaに行って電池交換はいくらでできるのかを聞いた。
「バックアップ取ってからジーニアスバーに予約を」といったことを教えてもらったので、とりあえず帰宅し、バックアップを実施し、なんとか11/26にジーニアスバーの予約をとることができた。

2018/11/26(火) 3日目
Apple Store Ginzaのジーニアスバーの予約が取れたので行った。
バッテリー交換の費用(8800円(税抜))でiPod touchの交換をしてくれる流れとなり、「6th generationに交換してくれるのかな!」と期待したが出てきたのは5th generationだった。
帰宅してリストア作業を実施した。

2018/11/27(水) 4日目
仕事に行く前に iPod touch (5th generation)の電源を一旦切って、改めて起動したら、「こんにちは」が表示された。なんだか工場出荷状態みたいになっていた。Wi-Fiとか言語の設定を終えた後に、曲は聴けるようにはなった。この事象が再発するかどうか確認のためもう一度電源をオフにして改めて起動したら再発した。
そこで、Appleのサポートに電話をして相談したところ、「[iPodの復元]をやってみてどうなるかを試して」との助言をいただいたので、帰宅後に実施したが、事象は再発した。
仕方ないので、Apple Store Ginzaのジーニアスバーの予約を入れようとしたが全然予約が入れられない状況が続いた。

2018/11/28(木) 5日目
とりあえず、配送修理の打診をした。が、適切な状態を説明するカテゴリがなかったので、Appleのサポートにチャットで相談した。
Webで手配した配送修理を一旦キャンセルとし、チャットで説明した内容で配送修理を改めて登録していただいた。

2018/12/02(日) 9日目
18時以降で取りに来てくれる予約をしたはずだが14時くらいにはヤマト運輸の人が取りに来てくれたのでお渡しした。

2018/12/04(火) 11日目
Appleから「お客様の製品を受領いたしました。」というメールが届いた。

2018/12/06(木) 13日目
Appleから「製品返送のお知らせ」というメールが届いた。内容は「お客様の製品がリペアセンターに届きましたが、担当技術者は修理のご依頼を処理することができませんでした。製品を返送いたしますので、詳細は同梱の診断結果報告書をご確認ください。」といった具合。
「修理せずに返送してくるってどういうことだよ! こっちはWindowsマシンでもMacでも復元を実施して同じ状況に陥ったから、先日(11/28)電話対応してくれたAppleの人の助言もあって修理に出したんだぞ!」ということを伝えないとと思い、改めてAppleの人と電話で会話した。
が、手元にその返送品がないから試すこともできない。修理はしていないと言いつつもソフトウエア的にはクリーンインストールしていてそれで状況が変わっているかも知れない。であれば、うまくいくことも考えられるかも?

2018/12/07(金) 14日目
帰宅したところ宅配ボックスにiPod nanoが届いていたので、早速、箱を開けて中身を確認しつつ、バックアップから戻す作業に着手した。
そろそろ開始から3時間経過するが、、、

2018/12/08(土) 15日目
起きたらリストアは終わっていた。が、事象は再発した。
Appleに電話した。結果的に2時間会話したが何も解決せずに電話は切れた(私が切ったわけできない)。その後、電話がかかってきていない。
サポートの人が毎回電話番号を確認するのは、何かのタイミングで電話が切れてしまったときに改めて電話をしてくるために聞いているのだから仕方ないと思うが、毎回、人が変わる度にゼロの状態から説明しないといけないサポート体制はいただけない。なんでサポートの部署の中で情報共有ができていないのだろう。
今回はPCの画面共有までしてもらった。が、私が望んでいる問題解決をはき違えている人の対応だったので時間の無駄でしかなかった。
昨日手元に戻ってきた修理されていない機器に添付された書類の内容は「ハード的には異常はなかった。再発するようならソフト起因かと。」的なことが書かれていた。
にも関わらず、今回電話対応した人は「ハードを交換しましょうか?」と提案してくるアホだった。「上長と変わってください」と伝えたところ、「私が責任者です」的な返しだった。
「交換する前のiPodは電池はヘタっていたけれど、電源入れる度に”こんにちは”が出て初期設定をやり直すようなことはなかった。交換前のiPodを返してよ!」みたいなことも伝えたが、いきなり、「やはり、できません」とのこと。
「8800円(税抜)払って、使い物にならないiPodと交換され、半月が経過するという状況に対して、どういう対応をすれば、困っている人が助かるのか」ということがマトモに考えることができない人が責任者ということか。。。

この時点で私がわかっていて毎回Appleのサポートの人に伝えていることとしては、

・iPod touchのハードウェアが原因ではなさそう
・新しいiPodとして、”復元”をしなければ、毎回、電源を入れる度に”こんにちは”となることはない

つまり、ソフト(バックアップデータの不整合を含む)側の問題であることが考えられる。
そこで、さらに考えられる原因としては、私自身はApple IDを2つ使っているということ。

・日本のApple ID
・アメリカのApple ID

これらのApple IDの特徴としては、一方のApple IDに切り替えると、向こう90日間はもう一方のApple IDに切り替えることができないという仕様が存在する。

バックアップを生成した時点では、日本のApple IDログインした状態で作成した。が、そのバックアップデータの中にはアメリカのApple IDで購入した楽曲も含まれていた。
そのようなバックアップデータからリストアしたため、Apple IDの競合が発生し、それが原因で毎回”こんにちは”が表示され初期設定をするハメになっているのではないか。私はそのように考えている。
が、Appleのサポートの人間は”iPod”に執着し、Apple IDの不具合であることの想定も会話もできないような人たちばかりだった。

そこで、新しい質問として、Appleに対し、”Apple IDの不具合”として、電話をしてみた。
すると、今回対応された人は理解がはやく、私が適切な切り分けをしていることもわかってくれた。

“復元”をしなければ、”こんにちは”が繰り返されないことから、「”復元”はしないで、楽曲の同期をすればよいのでは?」といったことまで提案してくれたけど、そこには別の問題がある。

残念ながらもうAppleのサポートは頼りにならない状況なので、サードパーティー製のツールを使うなどして自分で解決するしかないという状況。。。

電池がヘタっただけのiPod touchだったので、Appleではなく、修理屋さんに持ち込んでバッテリ交換してもらったほうがよかったと思える。

Appleに限らず、サポートにいる人というのは、テクニカル・スキルはない、あるいは低い。テクニカル・スキルがあれば、テクニカルな部署にいるわけで。
情弱な人に対してお茶を濁したような対応をするにはもってこいなのかも知れませんが、問題解決力がなかったり、顧客のニーズを理解せず、その場しのぎ的な発言で誤魔化そうとしたり、引継ぎがまったくできていないようなサポート部署というのは、それなりに切り分けができる人間からすれば、何の解決にもならずにストレスが貯まるだけだ。どうにもならないことなんでしょうかねぇ。。。

MISSION DAY AT SEA #ingadv2018

※この記事は Ingress Advent Calendar 2018 に参加しています。
ミッションデー水営(スヨン)に参加するために釜山に行ってたのですが、そのときにMISSION DAY AT SEAの情報を最初に知ったときは、「あー、こんな合成した画像アップロードしちゃって! 本当だと思っちゃうでしょう! 困った人もいるもんだ。。。」と思っていました。
が、時間が経過するに連れて、「なぬっ!? これ、本当にやるの!?」と、正しい情報だったようなので、このMISSION DAY AT SEAについて、簡単に情報共有したいと思います。

MISSION DAY AT SEAとは、イングレスのエージェント向けの企画です。
2019年11月3日~9日、アメリカのフロリダ州のフォート・ローダーデール港発着のクルーズ船でカリブ海をクルーズするというこれまでにないミッションデーです(「複数日開催ならミッションデーズじゃん!」と突っ込むべき??)。
次のような日程となっているようです。

日目日付時刻   
12019/11/0320:30フォート・ローダーデール(フロリダ州)出航
22019/11/04クルージング
32019/11/058:00ジョージタウン(グランドケイマン)17:00
42019/11/068:00コスタマヤ(メキシコ)17:00
52019/11/079:00コスメル(メキシコ)18:00
62019/11/08クルージング
72019/11/098:00フォート・ローダーデール(フロリダ州)帰港

また、最新情報では、11月2日にフォート・ローダーデール付近でミッションデーを開催する計画も浮上しているようです。

船の航路はこんな感じ。

日本から向かう場合、10/31とか11/1には出国する必要があるでしょうし、帰国は11/11とか11/12になってしまうでしょうねぇ。。。なので、2週間くらいの休暇が必要となりそうです(ただ、ハリウッドもすぐ近くですからそういうところも観光しようとするともっと滞在したいですよね。。。)。

次に、気になるコスト。
(私が勘違いしていたり、時期で変わったりすることもあるでしょうから、実際に行きたい人は最新の正しい情報をゲットしてください!)

  • 窓のない部屋  614ドル(約69812円)
  • 窓のある部屋  674ドル(約76634円)
  • バルコニー付き 974ドル(約110744円)

とのこと。1部屋あたり2人での予約となり、どうしても1人で参加したいという人は2倍(2人分)の料金となるようです。なので、誰か一緒に行く人を探すべきですね。
(一応、公式でルームシェアする人をマッチングさせる目的のTelegramもありますが、言葉の問題とかもあるかと思いますので部屋は同じ日本人のほうが安心かな)

オプションツアーとかチップなんかもかかりますから一番安い「窓のない部屋」を選んだとしても、10万円はかかると思ったほうがよさそうです。

もちろん、日本とマイアミ国際空港(MIA)あるいはフォートローダーデール・ハリウッド国際空港(FLL)との往復の航空券もかかるわけです。
ちょっと調べてみたところ、日本からだと最低でも15万円くらいはかかります(まだ販売開始していない航空会社が多く、デルタ航空が販売開始したらそれが一番安そうな予感)。
ですので、合計で25万円はかかると思います。
2週間くらいの休暇・25万円はかかるを満たせる日本人エージェントはどのくらいいるのでしょうね?

さて、私がイングレスをはじめたのはiOS版がリリースされた2014年7月頃となりますが、それ以前の私は星景写真を撮るために船で離島にもよく行っていました。イングレスをはじめてからも、何かと伊豆諸島や八重山諸島に足を運んだりもしていました。
また、晴海客船ターミナル(新造の豪華客船はレインボーブリッジをくぐれないため、2020年7月14日に東京国際クルーズターミナルがお台場(正しくは品川区東八潮3-1)に開港し、そのタイミングで晴海客船ターミナルは廃止予定)の客船ターミナル友の会にも入っていて、タイミングが合えば豪華客船の見送り会にも参加していましたし、連作ミッション「Harumission」(廃止済)を作ったり、東京ウォータータクシーとイングレスのコラボイベント「SUIRO EXPLORERS@TOKYO」(2018年05月26日~27日に開催)にも協力させていただきました。私の出身地の茨城県水戸市ももともとは運の口という意味ですし、私の星座は水瓶座だし、という具合に、水や船に関する縁も意外にあったりするので、今回発表のあったこのMISSION DAY AT SEAにもかなり興味津々です(行けるかどうかはまだまだ未定)。

誰でも子供の頃は「あー、行ってみたいなー!(大人になったら)」と具体的行動力が伴わないため夢だか妄想で終わってしまいがちだったのではないでしょうか。しかし、今の我々、日本のイングレスのエージェントは年齢層が高い、いわゆる大人ですよね。「あー、行ってみたいなー!」と思ったら大人なので具体化して検討することができるわけです。「CF作ったら稼げるんだよなー」と思ったなら、計画立てて実行するだけというのと変わりがありません(場数踏んだ人であれば計画立てなくてもノリで数人で目的達成してしまうなんてことも可能)。さまざまな邪魔が発生するかも知れませんが、それを乗り越えて作戦を成功させるのと同様です。

「あえて重荷を背負う」みたいなGORUCKの哲学。そして、人の要望に沿うのではなく、人の要望を変容させていくといった哲学のNianticは、フツーではない(誉め言葉)ので、意外なアプローチで人々をAdventures on Footな生活に戻していってくれています。AIとかRPAが進んだ世界では人は人がすべき/できることにのみに専念できるというか、recursionではないRenaissanceが達成できる世の中になるかも知れません。(ん? 何言ってるかわからない??)

MISSION DAY AT SEAに行けなかったとしても日本で豪華客船でなくていいから、船を使ったこれまでにないミッションデーとかやりたいですよね!


台湾リピーターは計量型のプリペイドSIMを持とう!

先日、台中アノマリーに行ったタイミングで、私は以下の3つのSIMを調達しました。
「台湾に何度も行くような方は2のSIMも持っていたほうがいいですよ。簡単に買えますよ。」という話です。

  1. 空港で中華電信の5日間使い放題(計日型)のプリペイドSIM
    300元(約1089円)。
    トップアップ(リチャージ)しても最大1か月しか使えないタイプ。
    観光客でも調達可能。というか、だいたいの人はこういう使い捨てタイプで済ませてますよね。
  2. 台中の台湾大哥大の直営店で計量型のプリペイドSIM(4G預付卡300型)
    300元(約1089円)。
    アプリとかWebページからトップアップ(リチャージ)していけば、ずーっと台湾の電話番号が保持できるタイプ。
    観光客でも調達可能。台湾に何度も行くような人(常客証持ちとか)は持っていたほうがお得なSIM。
    申請すれば、この台湾SIMの電話番号のままで、日本でも使えます。
    YouBike(レンタサイクル)とか、台湾のECサイトの通販とか、台湾の各種サービスに登録しようとすると、台湾の携帯電話番号を持っていないとできなかったりしますが、このSIMがあれば日本にいてもSMS認証もできるので登録等が簡単にできるようになります。(空港で調達できるSIMでも短期的にはSMS認証の突破はできますが、長期的には他の人がその電話番号を使うことになってしまい、どことなく犯罪臭がして制限されてしまう可能性がありリスキーですので、こっちのSIMがあったほうが無難かと)
  3. 台中の中華電信の直営店でプリペイドではない一番安いSIM(4G 199型)
    月額199元(約722円/月)で、200MBまでの通信はできるが、音声通話の無料枠とかはまったくないタイプ。
    着信専用電話ですね。今の時代、SkypeとかLINEがあるわけですが、これはこれで役に立ったりします。
    中華民國統一證號と居留証(あるいは台湾に住んでいることの証明書類等)がないと調達は難しいです。