香港エクスプレス利用時の実際のコスト

今年、はじめて香港エクスプレスの飛行機に乗りました。最近、またセールをやっていたので、5月にまた香港エクスプレスに乗ることにしました。
まだ、たった2回の利用ですけれど、実際にかかる費用について考えてみたいと思います。
LCCの場合、ネット広告とかではすごく安く見えますが、実際に決済してみると、「あれっ? なんか高くなってない?」みたいに感じることもあるかと思います。

実際の費用・内訳等はこうなります。

合計25,69024,120
決済日2017/11/082018/02/02
渡航月2018/012018/05
往路航空運賃6,18010
復路航空運賃6,18010,780
航空建設費1,4001,400
香港 - 出国税1,9001,900
香港 - 旅客保安サービス料700700
日本 - 旅客サービス施設使用料2,5702,570
座席指定5,4005,400
手荷物00
機内食00
保険00
予約管理1,3601,360
変更料00

なお、私の場合、

  • 羽田~香港の往復
  • 最前列を座席指定する
  • 荷物は機内に持ち込めるものだけ
  • 機内食は食べない
  • 保険は入らない

といった特徴があります。

最前列を座席指定しても往復の費用は25,000円程度で済んでいますので、そもそも座席指定をしなければ、往復の費用は2万円しないくらいで済みそうですね。

「えっ!? こんな費用あるなんて知らなかったよ。。。」となりそうな費用としては予約管理で1,360円あたりかと思います。

ここからが結構重要なお話となります。

私は2017/11のときは「いつでも旅行! 4,680円(片道)~」というセールで買いました。
が、実際の片道料金は6,180円(各種料金除く)でした。
石垣~香港は 4,680円だったようですので、嘘の広告ではありません。

2017/02は「往復航空券購入で往路10円セール」で買いました。

結局、魅力的な宣伝文句ではありますが、提供価格は香港エクスプレス側がコントロールしているため、どのセールであっても往復費用はたいして差が出ないといった状況と思われます。

フルキャリアと比較すると間違いなく安いわけですが、遅延とかのリスクも考慮して選択することが重要そうですね。

香港エクスプレス
香港エクスプレス
Developer: HK Express
Price: Free

HK Express
HK Express
Developer: HK Express
Price: Free

 

Ingress Primeのリリース時期と対応機種【随時更新】

この記事の内容は私個人の考えですので、現実は実際にはそうならないこともありますことを、まずご承知おきください。また、2018/01/30の時点でGoogleからARCoreのサポート機種の追加発表がありましたので、その情報も追記しました。

2018年にリリース予定のIngress Primeですが、これまでに発表されている情報から  ARKit および ARCore を使ったアプリとなることは確定しているようです。
この情報だけで、対応機種とリリース時期らしきことはだいたい見えてくるかと。

  • ARkit
    Apple社の拡張現実フレームワーク
    最新版は1.5(2018/02/02時点)
    Apple A9チップ以降の機種に対応
    具体的な対応機種は

    • iPhone X
    • iPhone 8
    • iPhone 8 Plus
    • iPhone 7
    • iPhone 7 Plus
    • iPhone SE
    • iPhone 6s
    • iPhone 6s Plus
  • ARCore
    Google社の拡張現実フレームワーク
    まだ開発者向けプレビュー版の段階(2018/02/02時点。追加分は赤字で追記。)
    具体的な対応機種は

    • Google Pixel
      • Pixel
      • Pixel XL
      • Pixel 2
      • Pixel 2 XL
    • Samsung Galaxy S8
      • SM-G950U
      • SM-G950N
      • SM-G950F
      • SM-G950FD
      • SM-G950W
      • SM-G950U1
    • Samsung Galaxy Note8
      • SM-N9508
      • SM-N950F
      • SM-N950N
      • SM-N950U
      • SM-N950W
      • SM-N950X
      • SM-SC01K
      • SM-SCV37
    • Samsung Galaxy S8+
      • SM-G955F
      • SM-G955N
      • SM-G955U
      • SM-G955W
      • SM-G955X
      • SM-SC03J
      • SM-SCV35
    • Samsung Galaxy S7
      • SM-G930A
      • SM-G930F
      • SM-G930K
      • SM-G930L
      • SM-G930P
      • SM-G930R 
        SM-G930S
      • SM-G930T
      • SM-G930U
      • SM-G930V
      • SM-G930W

となります。

ですので、
iOS版を先行してβ版としてリリースするようなことは一応はできる段階とも言えるのではないかと思います。
iOS版とAndroid版を同時にリリースすることは、ARCoreがまだ開発者向けプレビュー版であるため無理かと。
Nianticの開発状況以前に、GoogleがARCoreの正式版をリリースをしないことにはAndroid版のIngress Primeはリリースできなさそうな状況と思われます。

iOS版/Android版ともにハイスペックな端末でないと動作しなくなってしまうため、AR系の機能のオン/オフはユーザ側でできるようにして、既存ユーザが離れて行かないような配慮がされているとよいのですが。。。

ちょうど明日(2018/01/28)、TOKYOアニメツーリズム2018 デジタルスタンプラリーのアプリがリリースされます。Nianticは関係ありませんが、ARを使ったアプリとなります。これはiOS版もAndroid版も同時にリリースされますが、AR機能はiOS版のみの提供ということになっているようです

Ingress Primeも、早期にリリースする場合は、これと同様に、iOS版にだけにAR機能が実装されるようになるのではないかと思います。
ARCoreはまだプレビュー版ですが、サポート機種が増え、私が持っているGalaxy Note8も対象となりました。なので、β版モニター募集があった場合には私も対象者にはなれそうです。

※対象機種にiPhone 6と記載してしまっておりました。正しくはiPhone 6sです。訂正させていただきました。

世界一周はいくらでできる?

H.I.S.が今年の初夢フェアで地球一周のツアーを23万円~で販売していましたよね。
「へぇー、そんな値段で地球一周できるんだー。LCCを使っても20万円を越えるんだなぁ。。。」と感じました。
が、それで終わりにせず、「H.I.S.はどこかで利益を出しつつの提供価格が23万円からなんだから、自分で探せばもっと安くなりそうな。。。」と思い、ちょっと調べてみました。

まず、こんなWebページを発見しました。

■世界一周が8万円台、驚きの航空会社を発見した!
http://bunshun.jp/articles/-/3907

私に合っているような周り方でしたので、これを私向けにカスタマイズしてみることにしました。

ポイントは

  • ソウル発にする
    日本からソウルはLCCとかで安く行けるし
  • ソウル発 南米経由 東京行きとする
    とりあえず、サンティアゴ経由

といった具合。

一例としてはこんな感じ。

つまり、

  1. とりあえず、ソウル(仁川)へLCCとかを使って移動
  2. ソウルからスペイン・マドリードへ飛ぶ(約14時間)
  3. マドリードに約5時間滞在
  4. マドリードからチリ・サンティアゴへ飛ぶ(約13時間)
  5. サンティアゴに約3日滞在
  6. サンティアゴからアメリカ・ニューヨークへ飛ぶ(約11時間)
  7. ニューヨークの空港に約4時間滞在
  8. ニューヨークから成田へ飛ぶ(約15時間)

といったルーティングとなります。

たとえば、もうちょっとサンティアゴの滞在期間を長くすれば、イースター島に行くこともできそうですね。

 

というわけで、

10万円程度で世界一周は可能

ということになりそうです。